私的に‘80年代を語る!
私的‘80年代データファイル…の「あ」行!

[あ・ア・A]
●A−HA
ノルウェーから出てきた’80年代を代表するグループ(のひとつ)。いかにも’80年代らしい グループ。「テイク・オン・ミー」からまもなく20年、最近また流行(のきざし)との こと。メンバーチェンジを経て現在も現役らしい。
●愛と青春の旅立ち
東銀座は松竹セントラルで、ずいぶんながいこと掛かってた映画。 リチャード・ギアメチャクチャ若い。新兵さんが上官にシゴかれる筋だが、 「昔の(日本の)兵隊さんは、こんなもんじゃ無かった…!」なんて言われて、 管理人は戦後、昭和43年生まれであることを感謝した。
●愛染恭子
映画「白日夢」で、佐藤慶と本番したポルノ女優。 その後「処女膜再生もの」など、ものすごくいろんなポルノ作品に出演。この時期 「本番」といえば彼女の代名詞であった。
●赤井英和
ボクサー時代、12連続KO勝ちという当時の日本(タイ)記録を樹立。 その後世界挑戦〜失敗。まさかあの大和田(正春。日本ミドル級チャンプ)にKO され、しかも再起不能とは、未だに信じらんない。
その後映画「どついたるねん」に主演し、役者としての高い評価を得る。
●アガサ・クリスティ
作家。名探偵エルキュール・ポアロの生みの親。この当時、原作がことごとく 映画化された。
また自身の半生が「アガサ」なるタイトルで映画化された。
●赤ひげ
黒澤明監督作品。‘80年代であろうが無かろうが、いい映画はいい。 管理人が’80年代に観て感動した。
●アクション
日本最古のへヴィーメタルバンド、らしい。なんだか、いまだに現役で活動 してるらしい。「十万ボルト」がデビュー曲。
●アマデウス
アカデミー賞受賞作品。主役の人・サリエリ役の人の熱演がハンパじゃなかった。

[い・イ・I]
●E.T
今のところ、スピルバーグの代表作。…「今のところ」と言わなきゃなんない ところが、スピルバーグの才能の奥深さ。ドリュー・バリモアは社会復帰できて、よかったよかった。
●EACH TIME
大瀧氏の新作アルバムはいつ出るんだろう。これが’84年だから、まもなく 20年になろうとしております。
●伊藤つかさ
管理人の世代にとって、「自分と同世代の“芸能人”の出現」というのは、 ある種のショックな出来事であった。最近でも時代劇のチョイ役などに顔を出して らっしゃる。八重歯がやけにまぶしかった。
●伊藤麻衣子
代表作のひとつ「不良少女と呼ばれて」を毎回正座して観た、という人は多い。 今は「いとうまいこ」という芸名になっておられる。最近の代表作はNHK「中学生日記」の先生役。
●稲垣潤一
「必殺仕事人」シリーズの、「筆頭同心・田中」役の人に似てる。「J.I」のジャケットはカッコよかった。
●イノセント・マン
ビリー・ジョエルがビリー・ジョエルらしかった最後のアルバム。 「あの娘にアタック(ベタベタなタイトルだなぁ)」、「This Night」 など収録の佳作。
●井上陽水
‘70年代に活躍して、‘80年代ちょっと一休み、そして‘90年代になって改めて大メジャーに、っていうパターンのアーチストは多いが、思うにその代表格が陽水。 とは言いながら、’80年代の時期も名曲揃い。「なぜか上海」とか、好きですねぇ。初期作品のベスト板が「明星」、その後出たのが「平凡」。次はなんてタイトルになるのか。
●井上麻衣
山口百恵のそっくりさんとして出現したポルノ女優。なにしろこっちは当時中学生なもんだから。
●イブ
ノーパン喫茶出身というポルノ女優。「イブちゃんの花びら」。今でもAV出てる。なにしろこっちは当時中学生なもんだから。
●「今の君はピカピカに光って」
宮崎美子さまが、CMでGパン脱ぐ。ちなみに歌は斎藤哲夫。 斎藤哲夫といえば私的には「されど我が人生」。こちらは拓郎もカバーしております。
●岩井小百合
銀蝿一家のマスコット。「銀蝿一家中学3年7組いわいさゆり」。
[う・ウ・U]
●ウィリー・ネルソン
確か‘84年に来日、武道館で二日間やってる…と思う。自家用飛行機 「エア・ウィリー号」でアメリカ中をライブで廻ってる。 ’80年代のこの時期、その作品がCMソングにも採られていた。
●「ウィズ・オア・ウィズアウト・ユー」
「U2ってスゲーなぁ」と、誰もに思わせる力作。
●うしろ指さされ組
高井麻巳子さんが好きだった。
●ヴァン・ヘイレン
「ジャンプ」のころはデビッド・リー・ロスがボーカルだった。ハート型の ギターが印象的。あれはどこに売ってるんだろう。その後ヴァン・ヘイレンは サミー・ヘイガーがながいことボーカルやってて、なんかつい最近別の人になった らしい。

[え・エ・E]
●映 画
松竹は大船撮影所を閉鎖し、その他各社も大幅に制作本数が激減。 日本映画というもの自体がインディーズ化してる昨今。しかし、誰もそれを 憂えなくなったような気がする。
●EPO
「おれたちひょうきん族」のエンディングは、EPOの「ダウンタウン」 であった。日本女子体育大学出身だとは知らなかった。
●エデンの東
あれは管理人が中学二年、観たい映画が次から次から雨後の筍のごとく 出てきてどーしょーもなかった頃。地元の公民館みたいなところで 「世界の名作上映会」として上映されたのを観た。生まれて初めて観た 「ジェームス・ディーン」。あまりにも魅力的な不良少年像であった。 母親は売春宿のいわゆる遣り手ババァで、それを知らされた兄貴は発狂(?)、 親父はそのショックで倒れ…と、考えたらまるで救いの無いストーリー。 しかしながら妙にじめじめせず、どこか格調みたいなものを感じさせるのは、 スタインベックの原作の力か、エリア・カザンの巨腕か。

[お・オ・O]
●大いなる人
拓郎のアルバム。すばらしい。
●大瀧詠一
「ロング・バケイション」も「イーチ・タイム」といったアルバムだけでなく、 それぞれの永井博氏によるジャケットもまた最高。「はっぴいえんど」 (「風をあつめて」など)を経て、ソロになって、程なくして出した前述の2作品は 、歴史に残る名盤である。
それにしても、ニューアルバムはいつ出るんでしょうか。
●大貫妙子
かつて「シュガーベイブ」に在籍。そこで山下達郎氏らといっしょにやってた人。 「いつも通り」とかかなりナイス。
関係無いが、一億円拾った大貫さんは先日逝去された。
●大橋秀行
日本ボクシング史上最高のボクサー。
J・フライ級時代、チャンプ張正九に二度挑戦も、2KO負け。 しかしながらどちらも最高の試合であった。ボクシングという競技は、 どう言いつくろっても「殴り合い」には違いない。でも、決して単なる殴り合い ではなく、「THE ART OF SELFDEFENCE」である。 そのことを身を持って示したのが大橋であった。その後一階級下のストロー級に 移って世界タイトルを獲得。やがてリカルド・ロペスにKOされて王座陥落。 現在はジムの会長職。
とんでもないハードパンチャーだったが、それよりもとんでもないハイレベルな ディフェンステクニックを堪能させてくれた。
●尾崎豊
大人を信用するな!的なメッセージを強く訴えていた。で、自分がその大人になって、 この先どうなるのかと思ってたら、あろうことか亡くなってしまった。
●男はつらいよ
’80年代には既に「マンネリ」呼ばわりされていたが、間違いなくこの時期も 邦画の「稼ぎ頭」として君臨していた。「寅さん」亡く、奥山氏も去った(追い出した)あとの松竹は もはや瀕死の状態。
●おニャン子くらぶ
今で言う「モーニング娘。」。
よく考えると「おニャン子」というネーミングはどうかと思う。とにかく 高井麻巳子は最高。
●オフコース
このグループとさだまさしくらい、「ネクラ」などといういわれなきそしりを 受けてソンした人はいない。今聴くと、特に後期の作品は正に才気走っております。
●オリビア・ニュートン・ジョン
「ザナドゥ」の人。そういえば最近その名を聞かない。
●おれたちひょうきん族
土曜、夜8時は、これしかなかった。鶴太郎が熱いおでん食わせられるネタと、 榎本美惠子「ハチのひと刺しマン」は最高。


「か」に進む!

トップに戻る!


↑今すぐクリック!↑

DVD「沖縄県指定天然記念物・宮古馬の一日」好評販売中!
DVD「沖縄県指定天然記念物・宮古馬の一日」好評販売中!
宮古島に生きる在来馬・宮古馬(みやこうま)の生活を活写!

ご意見、ご感想etcは、
メールもしくは掲示板まで!