しごとについて。

先日は某保育園の「おたのしみ発表会」なる行事の収録でした。某代理店の営業マン氏の奥様に、娘さんのクラスの「卒園記念ビデオ」なるものの制作を頼まれたのがもう5年前か。この時の動画を園長先生に気に入って頂いて、以来毎年こちらの「発表会」を収録させて頂いております。
さらに昨年はこれが他の保育園の園長先生の目に留まるところとなり、他保育園の「発表会」も承ることになっております。有り難い話です。この手のDVDの相場がよくわからないので弊社制作分が高いんだか安いんだかもよくわからないのですが、なにしろ成果物に関しては喜んで頂いてるようで、とにもかくにも有り難い話なのです。
 
弊社は動画制作というジャンルにおいてはどっちかっていうと企業様のものに携わることが多く、またジャンルに捉われなければやれサイト制作、チラシ・ポスターetcの制作、スチル撮影、雑誌etcの取材や原稿書きなどなど無暗矢鱈にいろんなことを承っておるのですが、今回のような収録関係のものが最も緊張します、やり直し・撮り直しがきかないからです。なので、やり直しのきかない撮影が無事に終わったら、その反動?で編集にはかなり力を入れます。DVDを購入された保護者の方に、ウチの子があんまし写って無い!とか、ウチの子の寄りが少ない!なんて言われないように、ありとあらゆる手練手管を駆使して仕上げます。そうしないと怖いからです。保護者や先生の皆さんらに怒られるのが怖い、というのも無くは無いですが、なにより、被写体であるお子さんらの「記録」に汚点を残してしまうのが怖い。
ということで正直けっこうなレベルでの切迫した危機感を以てコトに当たっております。
 
聞くところによると、幼稚園だ保育園だ学校だっていうところでの収録・主にDVDソフトウェア制作は、ほぼそれ専門の業者さんがおられる由。こういうのを専門にやってる会社さんだってぇからさぞかしスゴいのを作ってるかというと必ずしもさにあらずで、「これが前の業者さんが作ったものなんですよ」なんつって過去分DVDを観せて頂くと、10秒くらいでトンでもないやっつけ仕事だってのが丸わかりだったりすることがしばしばあります。
 
こういうのはよろしくない。よろしくないねぇ。予算関係や時間的制限等で、どこかに妥協点が発生、若しくはそれを見出さなければならないのは必然というか宿命ではありますが、丸々やっつけ仕事でOK、ってわけじゃないよ。
だいたいこういう案件を「やっつけ」でやっちゃうようなヤカラに限って、なんだか妙にギョーカイ人ぶってたりなど、いけすかないヤローだったりします。ああイヤだイヤだ。そもそも弊社も含めてワレワレの仕事なんてのは江戸時代なら士農工商の範疇外だったわけで、とりあえずエラそうにしていいリクツなどどこにも無いはずです。ってまぁ殊更卑屈になる必要も無いですが、エラそうにしていいわけが有るはずも無いのです。
 
なにしろ昨日の収録はほぼ上手くいったので良かった。いや良かった。
 
オチはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です