「釣りバカ日誌」を観た。

結局「釣りバカ日誌」を1~3作目までイッキに観てしまいましたが、存外テンポがトロいというか、冗長なので驚きました。
まぁ30年前の作品なのでそんなもんかな、とも思えますが、そこからさらに20年程遡る「男はつらいよ」はもっとずっと展開がリズミカルで勢いがあります。
あとこれもかなり意外だったのですが、かなり脚本が苦しいというか、無理があります。なんというか、ここまで押せるキャラじゃないだろ!というか、なにしろ無理が目立ちました。
 
当時の松竹では「男はつらいよ」後の継続性のある「屋台骨」の確立が急務だったはずで、そのつもりだった「虹をつかむ男」が盛大にズッコけたあとのこの作品に賭するところは大だったように思う。特に2作目などはそういう、よく言えば意気込み、悪く言っちゃえば気負いが目立ちます。
そういうものに脚本が耐えられてない、という印象です。
 
そういえば松竹はいまは何が「屋台骨」なんですかね。
またコケたらすかさず「砂の器」を併映にしてしのいでる、とかそういう感じなのでしょうか。良く知らんけど。

コメントを残す