沖縄と、都下の件について。

オレが平和で幸福な旅をしている最中、沖縄と都下とで悪魔的キチガイがそのキチガイっぷりを発揮して蛮行に及んだ由。よっぽどのことが無きゃ「殺す」って とこまでなかなか至らないものですが、この2匹のキチガイの場合、それは沖縄では「性欲」、都下では大きく言えば「嫉妬」ってなことになるのでしょうか。 いずれにしてもまずその矛先狂ってるな、と。

都下の件では、被害者の方は今現在で「危篤」と報ぜられています。できるならば、元通りに戻ってほしいと思います。肉体的にも精神的にも。
…しかしまぁ、ちょっと前にAKBの娘が似たような被害に遭ったばかりです。このことから運営側はなにも学習しなかったのですね。
そもそも握手会ありきのアイドルなんてのが本道であるはずが無いのです。舞台と客席、テレビの向こう側とこっち側、という具合に、超えられぬ敷居が存在し て初めて「芸能人」なはずです。握手やら「手渡し」やらが常態化したらその瞬間に「ファン」と「芸能人」という関係性は瓦解します。偶像ってのは手の届か ないところにいるからそれでいられるのですよ。
そんなことは恐らく百も承知なはずの運営側、それをあえて無視して、より安直に儲けようとガンバっちゃったわけですね。
この方らもキチガイですね。

沖縄の件…昔、在沖海兵隊員の黒人×2人とよく遊んだ時期がありました。こいつらはまごうかたなきアホでしたが、善良なアホでした。一人はいっときホームシックで大変だったっけなそういや。
なにしろこの善良なアホ2人、沖縄で米兵がなんかやらかす度に “ひとりバカが出てくると、オレらもみんな同類だと思われる。まぁ思われても仕方ないのだけど、やっぱしそれはつらいことだ” とよく言ってたものです。

…そう。ひとりがなにかやらかすと、みんな同類だと思っちゃうのですよ。それは仕方のないことです。諦念を以てそう思う次第です。

都下の件によって、アイドルオタクの人はこれからしばらくは肩身の狭い思いをすることになるのでしょう。「しばらく」で済めばいいですが。

沖縄の件では、基地反対の意見がまた盛り上がるでしょう。あったりまえで、オレだって沖縄に住んでたら皮膚感覚でそう考えるに違いありません。同胞がレイ プされて殺されてんのに怒らず悲しまない日本人はいません。とうとう大統領までが哀悼の意を表明、なんて記事がありました。タダごとじゃ無いって証明です が、だからって被害者は戻ってこない。

あと、キチガイキチガイと連呼しましたが、なにより恐ろしいのは、もしかしたらこの2匹が「キチガイ」でないかもしれない、ということです。正常な判断力の持ち主がこういう蛮行に及べてしまうとしたら、それが一番怖い。
できればキチガイであってほしい、と思う次第です。オレなどと同質同類な「人間」であってほしくない。

改めて「死刑」について。

山口県光市の母子殺害事件、明日、2012年2月20日に、差し戻し上告審判決、な由です。

以前も書いた気がしますが、「死刑」については、オレ的には揺れる部分があります。全面的な否定も肯定もできません。

まず、人間が人間を裁くに当たって、「死」がその選択肢に在って良いものだろうか、という疑念?が拭えません。

ただ反面、大抵の・・・ほぼ全ての「死刑囚」に対して、こいつはもう殺しても飽き足らない、と思えてしまうのもホントです。死刑囚のほぼ全員は例外無くそのレベルの「重罪人」です。ぶっちゃけてしまうと、オレの中でこの件の「犯人」はその極北です。

・人間が人間を殺すことが肯定されていいのか

・でも、殺されても仕方ないようなことしたヤツだからね

・大体にして、死を以って償うということにそもそも意味があるか否か?そいつが死ねば

 OKなのか?

・じゃあ、生かしてどうするってんんだ?

・・・こんな感じです。

なにしろ、千路に乱れる我が心情、だったりします。

ただねぇ、死刑を望む・・・他人の死を希望する、という発想ね。

こういうマインドが人間の心中に実存する限り、死刑判決を受けちゃうような大罪を犯す人間も必ず存在する・未来永劫いなくならないんじゃないか、と思ったりします。

少なくとも「こんなヤツは死刑だ!ペッ!」みたいなことを、簡単に発言するべきじゃないかな、と。

とにかく・・・判決は明日20日な由ですが、まぁ「死刑」でしょう。最高刑に処されて当然。それだけのことをこの「犯人」はやらかしました。

現状の最高刑が「死刑」である以上、まぁそりゃ死刑判決が出るでしょうよ。そのこと自体は異常な、不自然なことではありません。

※余談ですが・・・本来押さなきゃいけないはずのハンコ押印を、個人的な心情でもって拒んでる大臣さん、これはダメだよね。そう法律で決まってるんだから守らなきゃダメです。法治国家ですからね。法務大臣が遵法せんでどうする、というね。死刑の是非云々はまた別の話です。