国辱。

こんなに悲しい話もそうそうありません。以下また例によって日刊スポーツ紙面よりの引用。

<ボクシング:フライ級10回戦>◇20日◇東京・後楽園ホール
 「浪速の闘拳」亀田興毅(18=協栄)が、移籍初戦を179秒KOで飾った。元WBC世界ライトフライ級王者サマン・ソーチャトロン(36=タイ)との10回戦。亀田は1回に右ボディーで2度のダウン、最後は左フックで3度目のダウンを奪い、2分59秒KO勝ちした。世界王座10度防衛の相手に圧倒的な攻撃力で、後楽園ホールを満員にしたファンのハートもわしづかみ。デビュー以来無傷7連勝(6KO)で、目指す世界王者へ再スタートを切った。
リング上では179秒で元世界王者を沈めた。前傾姿勢でガードを固め、様子をうかがったのも30秒だけ。「最初のパンチ、ガードの上やったけど全然パンチなかった。あれで勝てると思ったわ」。元王者の衰えた攻撃力を見切り、一気に攻めに転じた。
「今日のデキはよすぎる。4回ぐらいまで行くんが理想やけどな」と父史郎氏(40)はぜいたくな不満を口にした。金平会長も「非常に満足している」とエビス顔。協栄の亀田は、最高の形で第1歩を踏み出した。

・・・あのサマンが、こんな醜態をさらすことになろうとは。

ボクシングファンなら極めて当たり前に知ってることですが、サマンはかつて名チャンプでした。
別格中の別格、「神様」リカルド・ロペスには苦杯を舐めましたが、その後は世界J・フライ級を文字通り制圧、詳しくはhttp://www4.pf-x.net/~iyanbox/career-record/WORLDWBC/WBCLF/saman-sow-jaturong.htmこちらを参照頂きたいのですが、正に世界中の強豪たちを総なめという感じでした。

その対戦相手、当時からのボクシングファンには非常に懐かしい名前が並びます。
ハイメ・アリグインは井岡の噛ませ犬として来日したやつだな、とか、そういえばウンベルト・ゴンザレスに引導を渡したのがサマンだったんだな、とか、細野、八尋、ガンボア、と、日本のジム所属のホープたちにとって非常に高い壁だったな、とか。

・・・そう、皆それ相応の期待を背負ってサマンに挑んだ(中でも八尋はかなり期待されてましたっけ)んですが、皆この小柄で温厚そうな顔立ちのタイ人に歯が立ちませんでした。いやホントに「歯が立たない」って感じでした。

10回の世界王座防衛を果たし引退、しかしその後津波だか地震だかで金銭的に大きな損害を受け、3年ぶりにカムバックし、現在2連敗中。
・・・亀田と対戦したサマンは、もはや往時のサマンではありませんでした。

あの鬼神のように強く、日本の期待を背負って立ったホープたちの前に何度となく立ちふさがった、あのサマン・ソーチャトロンはそこにはいませんでした。

いたのは、「昔強いボクサーだったタイ人のおじさん」。

今回、ここでワタシが何を言いたいかというと、このマッチメイクはどうなんだ!?という、そこのところに尽きます。

亀田の、この試合までの計6戦、相手は全てタイ人でした。
それも、一説(かなり信憑性の高い「一説」)によると、全員一度も勝った事の無い選手らしい。
0勝6敗とかそんな感じのヤツばっかしだそうです。

で、今回7戦目のサマン(ちなみにサマンもタイ人)は上記したような状況・・・なんだ、マトモな選手は一人もいないじゃありませんか、と。

亀田選手そのものは、確かに素質もあり、その体つきから察するにストイックなトレーニングを真面目にこなしている様子です。

彼が考えなければならないのは、与えられた対戦相手に「勝つ」、そのことのみであるべきで、実際彼はそういうオノレに課せられたボクサーとしての使命に忠実に従いました。
いいんです。リング外で何を言っても、とにかくキミはボクサーとしての義務である「勝つための努力」を十二分にし、どんな対戦相手であろうとも、唯一無二の目的である「勝利」を得ている。
だから、キミはとにかく充分素晴らしいボクサーです。それは、ちゃんと、わかる人がみればわかる事です。誰に恥じる事はない。

恥じなきゃいけないのは、その周りのろくでもないオトナたちです。

まず、こういうマッチメークは、今まで業界を支えてきた、いわゆる「目の肥えたファン」にとって、ドッチラケ以外のナニモノでもありません。
全く勝敗に対するスリルもなく、攻防の技術に対する堪能への期待も無い。
例えグリーンボーイ、4回戦選手の試合であっても、そこには上記したような ボクサーとしての義務である「勝つための努力」を十二分にし、どんな対戦相手であろうとも、唯一無二の目的である「勝利」を真摯に目指すもの同志だからこそのスリルがあります。
また4回戦選手なりの攻防技術を堪能することもできます。

しかし、亀田のこれまでの7戦には、なーんにもありません。

そりゃそうで、苦心して、決してそういうものがあらわれたりしないようなマッチメークを組んでるからです。
亀田がどうやって勝つか、というスリルや面白みさえここにはありません。
名前も知らないタイ人選手との対戦が6戦ほど続き、そろそろちっとは名前の有る選手とやらないとマズいかな、でもここでリスクの少しでもある選手とやるわけにはいかないし・・・誰かいい按配のヤツいない?・・・サマン?ああ、あのサマン?なんか懐かしい名前だねぇ、今なにしてんの?・・・ほー、カムバックしたの。で2連敗中?そりゃいいかもな・・・!
ってな感じで決まったんでしょうね、この試合。

で、亀田はその期待通りに勝つ。

でも、この試合そのものや結果に期待し満足しているのは、ほとんどボクシングを見たこと無いくらいの人や、亀田がとにかく勝ちつづけることによって具体的な利益が得られる立場の人たちだけです。

そういや、亀田自身は、こういう試合が組まれつづけることに、満足しているのでしょうか。

彼は・・・まぁ辰吉などと比べちゃ可哀想ですが、少なくとも並以上の才能を持った選手です。

で、生真面目に、ストイックに日々トレーニングしていることは、リング上の彼の体つきをみればわかります。

7試合もやっちゃんたんじゃもう手遅れかもしれませんが、あまりイージーな「試合」ばかり繰り返し、それになれてしまうことは、彼にとって非常に良くないことのように思います。

高橋直人のようにガンガン強豪と連戦しろ、とは言いません。
しかしボクサーにとって、試合そのものから学ぶべきものも多くあるように思います。

・・・それにしても、

「最初のパンチ、ガードの上やったけど全然パンチなかった。あれで勝てると思ったわ」。元王者の衰えた攻撃力を見切り、一気に攻めに転じた。

・・・いや、こんな悲しいことはありません。

世界王座を10度防衛、超軽量級でありながら5連続KO防衛した豪腕が、いまやこんなありさま・・・。

トシは取りたくないものです。
そして、サマンの今後の人生に幸あれ、と。

コメントを残す