亀田大毅vs.坂田健史戦(2010年9月25日)

理由あってここ10日ほど一歩も事務所の外に出ていません。だから外が雨なのか寒いのか暑いのかも全くわかりませんでした。さっき久々に窓を開けたら車が
濡れてたのできっと雨だったんでしょうね@東京。何年か前もこういうことがありまして、その時は試しに起床時に万歩計をつけてみたのですが、就寝時にその
数値をみたら「30歩」。要するにトイレ行く時くらいしか歩いてないってわけですが、ここ数日もほぼそんな感じです。

そんな有様なので、トップアスリートのパフォーマンスに対してアレコレ言うのは憚れるのですが・・・なにしろ今日は亀田次男vs.坂田戦がありました。

試合そのものには直接関係無いのですが、なんかヘンな試合だったなぁ。

まず試合前の選手コール。カン違いでなければ、次男が先にコールされてましたよね。チャンプは通常後からなんじゃないかなぁ。

あと、レフェリー、手袋してなかったなぁ。素手でのレフェリングなんて20年ぶりくらいに観た気がします。確かレフェリーはクリストドルー。ベテランだし、そもそも、まさかつけるの忘れたなんてこともあるまいに。

“亀田大毅vs.坂田健史戦(2010年9月25日)” の続きを読む

暴論だけど暴言ではない(つもり)。

以下は平成22年9月18日付読売新聞記事からの抜粋引用です。

岡山県真庭市内の県立高で、夏休みの宿題を出さなかった男子生徒(17)に対し、学級担任の男性教諭(25)が「殺すぞ」などと暴言を吐いていたことがわかった。
 同校などによると、教諭は10日午後のショートホームルームで、宿題が未提出だった生徒に、他の生徒の前で「宿題を出さにゃ殺すぞ」などと暴言を吐いた。
 教諭と生徒は提出期限を13日と決めたが、一部しか提出されなかったため、教諭は14日午後、廊下で会った生徒に「提出したから生きているんだよな」と、再び問題発言をしたという。

・・・我ながら「学校のセンセイ」に対して事有るごとにボロクソ書いてばかりいるので、今回はできるだけ擁護の方向で書こう、一方的な悪口みたいなのは避
けよう、ってことで考えたのですが、今回に関しては、残念ながらどうしても、生徒に「殺すぞ」というような言葉を簡単に吐けちゃう教師を擁護する術が思い
つきませんでした。
故に今回も、結局悪口三昧な内容になるかと思います。
 
 
まず、人間の生き死にを軽んじるような言葉を、いいトシした大人が簡単に口にするという、これは個人的に許せません。
25歳なんてぇのはハッキリ言って「小僧」なわけですが、さすがにそれでもこういう言葉を軽々しく口にして許される年齢ではありません。

(まるっきり余談ですが、某居酒屋チェーンの社長も、会議etcの度に社員に”いますぐここ(ビルの5F)から飛び降りろ!”とか言っちゃってるみたいですね。先日雑誌だかなんだかで読みました。それが我が社員教育の極意だ、みたいな論調でした。
「ベンチャー企業の雄」だとか、さらにこともあろうに教育ナンヤラ委員会理事長だかに就いてたりなど、なにかにつけやたら持ち上げられることの多いこの社
長ですが、居酒屋店舗としては殊更目新しい事を興してるわけでもなく、要するにただ「カネ儲けが上手い」ってだけの人物です。ハッキリ言ってそれだけのハ
ナシ。なのにこの持ち上げられ方、なんかヘンな感じだなぁと思うのですが、それはともかく、こういうようなことを部下に言い放って、それをあたかも美談の
如く吹聴する神経を、オレはひたすら軽蔑します。アホか!と。)

“暴論だけど暴言ではない(つもり)。” の続きを読む